ゴルフ、時々OL

ゴルフ講義『飛球の法則』

2010年12月16日
今日のレッスンは、まず、ゴルフ講義
スポーツは体だけではなく、やっぱり頭も使う。
そういや昔、水泳してた時もスイミングマガジンっていう本を読めって言われてたな

ゴルフに関しても理論的な部分があるらしい。
インパクトの時のフェイスの向き、ボールが当たる位置など、色々な条件が重なって、ボールが飛ぶ方向が決まる。
なんやら難しいぞ( ̄ロ ̄lll)。物理???っぽいね。
でもそれでカーブをかけたりもできるんだって

支配人の久米さんが作ってくれた、講義用のアイテムも登場。本格的!
頭を使って練習すると上達も早くなるよね、きっと^^

ゴルフ講義

ボールが飛ぶ方向に関しての5つの大原則。これを飛球法則と呼ぶそうな。

1.ヘッドスピード
2.打点位置
3.打撃角度
4.クラブヘッド軌道
5.クラブフェースの向き

難しいけど、頭の片隅には入れといた方がいいに決まってる。
でも覚えられないので、写真にとってきた

田中プロいわく、私のレベルでは、そこまで考えるなんて到底無理だけど、
うまくいかなくて悩んだ時に、原因がわかるようになる!とのこと。
それってめっちゃ大事やん!


そしてゴルフ講義が終わってから練習。
ヘッドのどの位置にボールが当たっているのかがわかるように、スプレーで色をつける。

それで打つと、ちゃんとボールの跡形が残ってよくわかる。
・・・って、ほとんど真ん中には当たってない
そら右へ飛ぶわ・・・。でも原因がよくわかったのでよかった^^;

たまにはお勉強もいいね


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ ←応援クリックお願いします☆

category:ゴルフ レッスン&練習 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME |